ホテル・お宿 | WOMANIA
2019.02.19 Tuesday 11:34

居酒屋もラウンジも無料!みなかみホテルジュラクのオールインクルーシブ

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験 オールインクルーシブ

秋に続き、再び訪れた群馬県・水上温泉のみなかみホテルジュラク
このたび、みなかみホテルジュラクでは特定の部屋を対象に
オールインクルーシブプランがスタートしたのだそう。
今回の滞在では、そのオールインクルーシブプランを体験してきました!

滞在中の飲食代などが宿泊料金プランに含まれるオールインクルーシブ
元々、みなかみホテルジュラクは1泊2食付きなのに、さらに何が無料になるの?
と思うひともいるはず。実は、このプランでは驚くべきものがオトクになるのです!

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験 オールインクルーシブ

オールインクルーシブプランを利用した場合、ルームキーに聚楽のロゴが入った
カスタネットの片割れが付いています。これがオールインクルーシブプランの証。

「なぜにカスタネット?」と思ってしまいますが、みなかみホテルジュラクがある
みなかみ町には、ワタシたちが小学生のときに使っていた赤と青のカスタネットを
作っているカスタネット工房(旧プラス白桜社)があるのだとか。
まさに地元が誇る名産というわけ。
そんなことも、このオールインクルーシブプランではじめて知りました。

奥利根ワイナリーのアップルワイン付き

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験 オールインクルーシブ アップルワイン

オールインクルーシブプラン利用者は、チェックイン時にはルームキーと共に
アップルワイン引換券」がもらえます。(1室につき1枚)
その引換券をおみやげマルシェに持って行くと、奥利根ワイナリー
「アップルワイン」のリンゴボトル(310mL)引き換えられました。
ワインは部屋で飲んでも良し、お土産に持って帰っても良し。
プランにプレゼントが付いていると、なんとなく嬉しいのはワタシだけ?

ブッフェダイニングでのアルコールも飲み放題に

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験 オールインクルーシブ 夕朝食時のアルコール飲み放題

みなかみホテルジュラクのブッフェダイニング KAWATONEのメニューには
ソフトドリンクバーがあります。
アルコールは単品でオーダーするか、飲み放題(90分)を1,700円でプラス。

オールインクルーシブプランを利用すると、この飲み放題も無料になるという!
しかも、時間無制限です。

こもれびラウンジでのナイトメニューもフリーに!

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験 オールインクルーシブ こもれびラウンジでのカクテル

さらに、こもれびラウンジのナイトメニュー(20:00〜23:00)もフリー!
夜のこもれびラウンジでは、ビールやウィスキー、ワイン、オリジナルカクテルが
楽しめます。カクテルは、ノンアルコールタイプもありました。

オリジナルカクテルには、iizaka(飯坂)、minakami(みなかみ)、manza(万座)、
ito(伊東)と、聚楽グループのホテルがある土地の名前が付いています。
雪のように綿菓子が乗せられた演出がおオシャレ!

おつまみとしてチーズもあったので、ラウンジでバータイムも良さそう。
ナイトメニューは暖炉のそばの席でも利用可能です。

ホテル内居酒屋「味処さざん亭」の食事&ドリンクもフリーで利用可能

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊 オールインクルーシブ 館内居酒屋も無料

そして、ワタシが一番驚いたのが、ホテル内にある居酒屋「味処さざん亭」の利用が
無料になること!
「味処さざん亭で食事やお酒が楽しめます」と聞いて、
ワタシは勝手にオールインクルーシブ専用のメニューがあると思っていたのです。

なので、「ちょっと様子を見に行ってみようか。。。」と訪れてみたら。
がっつり普通の居酒屋で普通のメニューが出てきました!

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊 オールインクルーシブ 館内居酒屋も無料

店内は座敷タイプの居酒屋スタイルと、カウンターのバーラウンジスタイルを
兼ね備えた感じ。メニューは分かれていないようで、好きな席を選べば良いよう。

オールインクルーシブプランの場合は、ここで好きなフードやドリンクが
食べ放題、飲み放題です。え?本当なの?本当にいいの?って何度も思っちゃった。

もちろん、夕食を食べた後なので、そんなに飲み食い出来ないのですが。。。

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク さざん亭

イカの一夜干し、長芋サラダ、活どじょうの唐揚げ、川海老の唐揚げなどを
頼んでみました。活どじょうや川海老は、みなかみっぽいものが楽しみたくて!
どじょうは地元から仕入れているらしく、臭みがなくて、美味しかったです。
想像していた、ホテル内の居酒屋のクオリティ以上でした。

みなかみホテルジュラクの夕食ブッフェの時間は、通常18時〜21時。
早めに夕食をとると、遅くに小腹が空いたりすることもあるよね?

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク さざん亭 夜食ラーメン

20時〜24時で利用できる「味処さざん亭」では、ラーメンやうどん、そば、
お茶漬け、おにぎりなどの夜食を取ることも出来ます。
ラーメンは、醤油、塩、味噌、豚骨のほか、担々麺まで。
葱ラーメン、チャーシュー麺、トッピングも用意されていました。
写真は醤油ラーメン。
シェアして食べてみたけれど、あっさりとして優しい味わいでした。

何度も言いますが、オールインクルーシブなので、これらは全てフリーです。
居酒屋1軒分の支払いがフリーって信じられる?

オールインクルーシブプラン利用者以外も楽しめる餅つき

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポ 餅つき

最後に、宿泊者なら誰でも参加出来る「お餅つき大会」も。
みなかみホテルジュラクでは、毎日20時45分から、ロビーラウンジで餅つきを
開催しています。その場で参加者を募り、餅つきを体験させてくれるイベント。
ワタシたちが訪れたときは、外国の方も多く参加されていました。

ついたお餅はその場で、ホテルスタッフが丸め、きな粉と大根おろしで
振る舞ってくれます。本当、お腹がいくつあっても足りない!
でも、つきたてのお餅って美味しいよね。

とにかくオトクなオールインクルーシブプランがさらにお得に!

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験 オールインクルーシブの証

利用出来る部屋は限られますが、とにかくオトクなオールインクルーシブプラン。
特に、アルコールをたくさん飲むひとには全力でオススメしたいです。

さらに、今回、宿泊レポート記事を読んでくださった方へご用意いただいた
読者特典では。。。このオールインクルーシブプランが、さらにお得になります!
読者特典・限定プランのページから予約すると、通常よりも割引価格に。

1泊2食付きに、これだけの特典が付いて14,500〜29,000円(1名あたり)は
かなり魅力的じゃない?(限定プランの対象期間は、2019年2月〜6月末まで)
終電を逃してタクシーで帰るくらいなら、泊まり込みで楽しんだ方が良さそうです。
宿泊をお考えの場合は、ぜひ利用してみてくださいね。

宿泊予約はこちら→読者特典・限定プラン


 関 連 記 事 

・水上温泉(群馬)に再訪!冬のみなかみホテルジュラクに宿泊

・水上温泉(群馬)みなかみホテルジュラク ブッフェダイニングKAWATONE

・新しくなった群馬 水上温泉みなかみホテルジュラク「みずのね」宿泊レポート

・水上温泉に行ったら、ここに行こう!ホテルチェックアウト後の観光スポット

・10月グランドオープン!水上温泉(群馬)みなかみホテルジュラクに宿泊




ブログパーツ #jyurakureport
 スポンサーリンク


2019.02.17 Sunday 14:04

水上温泉(群馬)に再訪!冬のみなかみホテルジュラクに宿泊

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊体験

昨年10月に訪れて気に入った群馬県・水上温泉のみなかみホテルジュラクへ再び。
東京駅から上越新幹線で約1時間。
みなかみホテルジュラクの新幹線の最寄り駅である上毛高原駅に着いたら、
そこは雪国だった!!!
え?東京から1時間強で、こんな世界に行けるの?と大興奮です。

大規模なリニューアルを経て、2018年10月にグランドオープンした
みなかみホテルジュラク。昔のホテル聚楽(じゅらく)のイメージを
知るひとがらすれば意外かもしれませんが、ファミリーはもちろん、女性やカップル、
夫婦でも満足出来るステキなリゾートホテルといった雰囲気
になっています。

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート ロビーラウンジ

寒くなったので、ラウンジの暖炉には、夕刻を待たずに火が入っていました。
暖炉の温かい香りって、どことなく安心感を与えてくれるよう。

宿に到着すると、まずラウンジこもれびへ案内されます。
ラウンジの大きな窓の向こうに広がるのも雪景色!
なかなか都心では感じられない情緒があります。

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート いちごデニッシュ

ラウンジでは、飲み物と共にホテル特製のデニッシュも。
季節ごとに変わるというデニッシュ、この季節はイチゴでした。
(秋に訪れたときはマロン)やっぱり、美味しいです。

ラウンジには、黒豆茶、みなかみのお水、りんごジュース、コーヒーなどが
フリードリンクで常時用意されていて、滞在中、いつでも利用出来ました


群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート 食パン

そして、みなかみホテルジュラクのパンといえば、じゅらく食パン工房
宿泊者以外も買いに来るという人気のパンです。

ワタシも前回、食パンとオリーブチーズパンを持って帰りましたが、
本当に美味しく、食パンはお土産に渡したひとたちにも好評でした。
今回は、食パンを使ったメロンパンを買ってみましたが、コレもオススメ。
アレンジパンは日によって並ぶものが違うそうです。

今回のお部屋は、「みずのね」のリバービュー、36屮謄薀紘佞。

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート みずのね 部屋

和モダンな雰囲気で、お部屋に入った瞬間からテンションがあがります。
二度目でもその印象は変わらず、どこかホッとしてしまう。

特に今回のお部屋では、ベッドスペースとリビングスペースを仕切ってある
ふすまが付いた壁が気に入りました。コレ、ふすまはデザインだけでなく、
実際に開けることが出来るのです。こういう構造が、ほんと好き。

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート みずのね 部屋

テラスからの眺めも、もちろん雪景色
利根川を挟んで向かいにはJR上越線の線路が走っています。
雪が秘境のような演出をしてくれているよう。
秋とはまた違った雰囲気が楽しめました。
季節のうつろいを実感すると共に、日本の四季って素晴らしい!と思ったという。

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート みずのね 部屋

「みずのね」には、ミキモトのスキンケアアメニティがボトルで置いてあります
泡で出てくる洗顔料、ミルククレンジング、化粧水、乳液。
前回それを知ったので、今回はスキンケアアイテムを持って行きませんでした。
安心して、スキンケアを持って行かずに宿泊出来るってステキ。

7階にある屋上庭園 水のテラスに出てみると、そこも雪景色!

群馬 温泉ホテル みなかみホテルジュラク 宿泊レポート 屋上庭園 水のテラス

ここがホテルの屋上だなんて信じられる?

秋とは全く違った様子で、ホテルの屋上庭園でこんなに遊ぶ?というくらい
雪遊びをしました。ホテル内にこんなスペースがあるなんて素晴らしいと思います。
宿泊者しか来ないから人目もあまり気にしなくていいし(笑)
寒さの限界が来たら、すぐに部屋に戻れるし。

今回の宿泊での水のテラスは、ワタシの絶好の遊び場でした。
大人になるとこういう時間って本当に大事だと思います。楽しかった〜〜〜。

今回、宿泊レポート記事を読んでくださった方の読者特典として
みなかみホテルジュラクの限定プランをご用意いただきました。
読者特典・限定プランのページから予約すると、通常よりオトクに宿泊出来ます!
(限定プランの対象期間は、2019年2月〜6月末まで)
宿泊をお考えの場合は、ぜひ利用してみてくださいね。

宿泊予約はこちら→読者特典・限定プラン


 関 連 記 事 

・10月グランドオープン!水上温泉(群馬)みなかみホテルジュラクに宿泊

・水上温泉(群馬)みなかみホテルジュラク ブッフェダイニングKAWATONE

・新しくなった群馬 水上温泉みなかみホテルジュラク「みずのね」宿泊レポート

・水上温泉に行ったら、ここに行こう!ホテルチェックアウト後の観光スポット




ブログパーツ #jyurakureport
 スポンサーリンク


2018.12.30 Sunday 18:38

プール&ジャグジーに温泉!那須高原のリゾートホテル「ザ・キー・ハイランド・ナス」

那須高原 温泉ホテル プール付き ザ・キー・ハイランド・ナス

2018年7月10日にリニューアルオープンした那須高原のリゾートホテル
THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)
今回は、全天候型のプール&ジャグジー クアガーデンと温泉のレポート
お届けしたいと思います。

那須高原 温泉ホテル プール付き ザ・キー・ハイランド・ナス

クアガーデンの利用は、15:00-22:00と翌8:00-10:00、
温泉浴場の利用時間は、15:00-24:00と翌6:00-10:00。
クアガーデンと温泉は同じ入口&脱衣所(男女別)になっています。
もちろん、クアガーデン(水着着用)は男女共有。
それぞれの脱衣所から入り、中で合流出来るようになっていました。

ワタシたちは、夕食後に多目的ホールにあった卓球で遊び。
その後、20時半くらいから1時間弱のナイトプールタイム。
そのままの流れで温泉にも入りました。

那須高原 温泉ホテル プール付き ザ・キー・ハイランド・ナス

グアガーデンは、真ん中で温水プールゾーンとジャグジーゾーンに分かれています
写真下側が温水プール(温度が低い)、上側がジャグジー(温度が高い)。
一度ジャグジーゾーンに入ったら、その温度が心地良く、温度が低いプールゾーンに
入るのに勇気がいります(笑)水深も違うので、まったり出来るのはジャグジーかな。

那須高原 温泉ホテル ジャグジー ザ・キー・ハイランド・ナス

お昼間は、子供連れのファミリーが遊ぶ姿も見かけましたが、
この時間になると、ワタシたちの貸し切り状態でした。

ジャグジーのぶくぶくが気持ち良くて、このままずっといたいくらい。
室温も水温もちょうど良く、冬でも寒いと感じることはありません。
水着着用だから、裸で利用するスパ施設とはまた違った感覚です。

那須高原 温泉ホテル ジャグジー ザ・キー・ハイランド・ナス

なぜだか、プールサイドに置いてあった浮き輪(自由に使えます)をハメてみたり。
大人が人目を気にせず、わいわい出来る時間って貴重だよね。
リゾートステイならではの醍醐味を実感しました。

那須高原 温泉ホテル ジャグジー ザ・キー・ハイランド・ナス プールサイド

プールサイドには、海外映画さながらの雰囲気のガゼボも並んでいます。
日中は差し込む陽の光が開放的。
フリーで利用できるドリンクサーバーもあるから、プールに入らず、
ドリンク片手にガゼボでのんびりするのも良いと思います。
洋画などでみかけるホテルリゾートのシーンって、まさにこんな感じ!

そして、プールの後はそのまま温泉へ。
脱衣所に戻り、水着を脱げば、そのまま温泉に入れます。

那須高原 温泉があるホテル ザ・キー・ハイランド・ナス 脱衣所

脱衣所はロッカーと脱衣棚が背中合わせに並び、水着用の脱水機もありました。
洗面には基本的なスキンケアなどのアメニティとドライヤーも完備。

ザ・キー・ハイランド・ナスは、那須温泉だそうです。

那須高原 温泉があるホテル ザ・キー・ハイランド・ナス 温泉

温度は41度くらいで、ワタシにはちょうど良い感じでした。
内湯、洗い場共に、程よいサイズ感の空間だなと思ったのが印象的。

ホテル自体の客室数、収容人数がそれほど多くないから、
このサイズなのかもしれませんが、あまり広いと寒々とした雰囲気になるし、
第一、ワタシのように人が少ない時間帯を狙って夜遅めに温泉に入りに行くと
広さに、なんだか怖いと思ってしまうのです。だから、このサイズ感が気に入りました。

那須高原 温泉があるホテル ザ・キー・ハイランド・ナス 温泉

あと、個人的に嬉しかったのが、洗い場のシャワー。
よく温泉にある勝手に一定時間で止まってしまうタイプじゃないの。
あれ、頭を洗っているときなど地味にストレスで、ヒザで押しながら使っちゃう。
「ココのシャワー、勝手に止まらない!」と、ひとりで感動していました。
もちろん、止め忘れ注意だけどね。家でもシャワー、止め忘れたことないし。

浴場の中には、サウナや水風呂もあります。

那須高原 温泉があるホテル ザ・キー・ハイランド・ナス 温泉

露天風呂は、森の中のロケーションを活かした雰囲気。
今のシーズンはもちろんだけど、夏の高原の露天風呂もステキだろうなと想像出来ます。
露天風呂エリアには、サイドからも出てくる全身タイプのシャワーも設置されていました。

ザ・キー・ハイランド・ナスのクアガーデン&温泉は、リゾートホテルの
おこもりステイをより充実させてくれるはず。
温泉でゆっくりしたいな、リゾートでのんびりしたいな、
そんな余暇を願うとき、思い浮かぶのは、こんな景色じゃないかな。
ザ・キー・ハイランド・ナスなら、それが叶います。

今回、この宿泊レポート記事を読んでくださった方の読者特典として
限定プランをご用意いただきました。▶読者特典・限定プランのご案内
こちらのページから予約すると、メゾネット・和洋室(基本プラン)の料金で、
客室露天風呂付きのスイートtypeAにアップグレードされます。
(限定プランの対象期間は、2018年12月〜2019年3月末まで)

那須高原 ホテル THE KEY HIGHLAND NASU 読者特典アップグレード typeAの露天風呂

こちらがスイートtypeAの客室露天風呂。
ザ・キー・ハイランド・ナスでは、宿泊料金に夕朝食ブッフェ、
滞在中のドリンク、プール&ジャグジーなどのアクティビティの料金が
全て含まれたオールインクルーシブスタイルです。
宿泊をお考えの場合は、この機会に利用してみてくださいね。

宿泊予約はこちら→ブログ読者様限定 お部屋アップグレード

 関 連 記 事 

・那須高原のリゾートホテル「ザ・キー・ハイランド・ナス」のディナーブッフェ

・読者特典有!那須高原のリゾートホテル「ザ・キー・ハイランド・ナス」宿泊レポート

・日々の喧騒を忘れる森のリゾートホテル 那須高原 THE KEY HIGHLAND NASU




ブログパーツ #thekeyhighlandnasureport
 スポンサーリンク


| 1/11PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  



   

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>


















▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら


▶COWSHEDの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others